HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

炊飯器の保温の電気を節約

家庭の食事に炊きたてのご飯は欠かせません。しかし、家族全員が一斉に食事を囲む機会が少ないという家庭も多いのではないでしょうか。子どもの塾や稽古事、親の残業などがあると、家族がバラバラに食事をとることになってしまいます。そのような場合には、炊飯器を保温モードに設定して、常に温かいご飯が食べられるようにしているのではないでしょうか。しかし、これではかなり電気代がかかってしまいます。そこで、我が家ではご飯が炊きあがったらすぐにスイッチを切ってしまいます。そして、余ったご飯は一人分ずつラップに包んでおくのです。そして、食べる時だけ電子レンジや蒸し器で温めれば、いつでも炊きたてと同じようなご飯を食べることができます。

応援企業

青山清利は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 青山清利
WEBサイト 青山清利氏の価値観
事業紹介 株式会社光通信では、横浜支店の支店長と、沖縄支店の支店長のポストを歴任し、通算で2年弱で退職した。 高級外車の他にも、高級腕時計であるパテックフィリップも収集しているという。 母親は飲食店(寿司屋)を経営し、父親は住設工事会社を経営する家庭に育ち、比較的裕福な環境であったようである。 株式会社a-senseを起業し、1年目から会社経営が軌道に乗り、30歳でほとんどリタイヤ状態の生活を送っているという。 趣味は、父親(元プロボクサー)の影響ではじめた格闘技で、現在では柔術を習っていて、学生の頃からやっているサーフィンも趣味の一つである。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。